旭川フィルハーモニー管弦楽団

北海道旭川市を拠点にする市民オーケストラ

当団は北海道旭川市にてアマチュア演奏家が集まり1976年旭川室内楽愛好会として発足しました。その翌年には旭川室内合奏団と改称し第1回定期演奏会を開催。1982年の第6回定期演奏会より現在の名称で活動しています。
これまで、定期演奏会の他に旭川市民による第9演奏会、市民でつくる旭川オペラ(ヘンゼルとグレーテル)、野外でのグリーンコンサートなど、多彩な演奏活動を行っています。

 

 

一部パートの入団希望者を募集しています

旭川フィルでは、弦楽器全般(チェロを除く)、クラリネット2名、ホルン若干名、トロンボーン2名(特にバストロンボーン)のメンバーを募集しています。

楽器経験のある方で一緒にオーケストラ音楽を楽しみたいと思われる方は「入団希望フォーム」に必要事項を入力し、「送信」ボタンを押してください。こちらから改めてご連絡致します。(2016/7/24)

 

 

第41回定期演奏会終了しました

第41回定期演奏会を2018年10月28日開催しました。ご来場いただいた皆様、そして日頃からご支援いただいている皆様に感謝申し上げます。

今回は、ずっと温めていたマーラーの「巨人」を演奏することができました。演奏の難しさもありますが、とにかく編成が大きく団員だけでは賄えないので、多くのサポートいただくメンバーにお手伝いいただかなくてはできない曲なのです。そのみなさんにも感謝の気持ちがいっぱいです。

そんな私達の夢が実現したコンサート。自己満足だけでなく、聞いていただいたお客様の心に響いて入れば幸いです。
また、この度は冒頭で名誉団長故中根幸雄氏への追悼演奏で「英雄」の第2楽章を演奏させていただきました。改めてご冥福をお祈りさせていただきます。故中根氏だけでなく、旭川フィルの設立にご尽力いただきました、今は亡きメンバーにも思いを寄せたいと思います。ありがとうございました。

マーラー「巨人」
マーラー「巨人」
常任指揮者 村田紘監さん
今回もエネルギッシュな指揮の常任指揮者 村田紘監さん
故中根幸雄氏に捧げた追悼演奏
故中根幸雄氏に捧げた追悼演奏

深川公演終了しました

6月24日旭川の隣町、深川市にてアートステージ空知様主催のコンサートにお招きいただき、演奏してきました。

今回は、ブラームス、ドボルザーク、チャイコフスキーの3人の作曲家の作品により、意外な繋がりを指揮者とマネージャーの掛け合いによる解説を入れながら楽しいコンサートとなりました。
次は10月28日の第41回定期演奏会です。大曲マーラーの「巨人」を演奏します。どうぞご期待を。

 

演奏風景
演奏風景
楽しい解説もしていただいた指揮者
楽しい解説もしていただいた指揮者
会場の深川市文化交流ホール「み・らい」
会場の深川市文化交流ホール「み・らい」