常任指揮者

常任指揮者:村田紘監

○村田紘監(Hiromi Murata)

1948年美瑛町生まれ。旭川西高校から国立音楽大学に学ぶ。
1977年旭川室内合奏団(現旭川フィル)指揮者に就任。
1986年旭川合唱連盟と旭川フィルによるベートーベン「第9」を指揮、翌年「ななかまど文化賞」を受賞。1988、90年には旭川市民合唱団と共にヨーロッパ・ソ連への演奏旅行を行う。また1990年には市民オペラ「ヘンゼルとグレーテル」の指揮音楽監督を務める。
現在、旭川市内で村田ピアノ教室を主宰。多くの音楽家を育成している。

 

 

常任指揮者:土門裕之

○土門裕之(Hiroyuki Domon)

北海道教育大学札幌校特設音楽科卒業後、渡米。ジュリアード音楽院、ダルクローズ音楽院で、作曲法、指揮法、音楽教育法を学ぶ。帰国後は、学生による拓殖 大ミュージカルを指導し、台本・作曲等を担当。四半世紀にわたる実践活動は先行研究事例として全国の教育関係者から注目されている。学生のためのピアノテ キストや音楽理論書などの著書、ミュージカル作品、合唱曲、CM音楽、オーケストラ・吹奏楽作品等、多数。プロのミュージカル劇団(東京)の音楽監督にも 就任している。
現在、拓殖大学北海道短期大学教授 副学長。北海道教育大学旭川校非常勤講師。日本音楽表現学会理事。